大豆サポニン(読み)だいずサポニン

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいずサポニン【大豆サポニン】

大豆の胚軸に多く含まれる渋み・苦味の主成分大豆高野豆腐納豆味噌豆腐おからなど、主に大豆製品に多く含まれる。強い抗酸化作用をもち、体内で過酸化脂質増加抑制して代謝させる働きをもつほか、肥満防止、肝機能の障害の改善、高脂血症予防、高血圧動脈硬化の改善、がんの予防などの作用があるとされる。◇英語で「soybean saponin」。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android