コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大豆サポニン だいずサポニン

1件 の用語解説(大豆サポニンの意味・用語解説を検索)

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

だいずサポニン【大豆サポニン】

大豆の胚軸に多く含まれる渋み・苦味の主成分。大豆、高野豆腐、納豆、味噌、豆腐、おからなど、主に大豆製品に多く含まれる。強い抗酸化作用をもち、体内で過酸化脂質の増加を抑制して代謝させる働きをもつほか、肥満防止、肝機能の障害の改善、高脂血症予防、高血圧動脈硬化の改善、がんの予防などの作用があるとされる。◇英語で「soybean saponin」。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大豆サポニンの関連キーワードアミロペクチンセルロース胚軸幼根青刈大豆豆の豆汁マンニトール苦味成分苦味物質フィトメナジオン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大豆サポニンの関連情報