コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大迫尚道 おおさこ なおみち

3件 の用語解説(大迫尚道の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大迫尚道

陸軍大将。鹿児島県生。薩摩藩士大迫新造の次男、陸軍大将大迫尚敏の弟。陸士卒。駐独公使館付き武官・陸大教官等を経て、日清戦争で第一軍参謀、日露戦争で第二軍参謀長となる。野戦砲兵監・第一八師団長・第四師団長等を歴任。軍事参議官。昭和9年(1934)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大迫尚道 おおさこ-なおみち

1854-1934 明治-大正時代の軍人。
嘉永(かえい)7年7月25日生まれ。大迫尚敏(なおとし)の弟。駐ドイツ公使館付武官,陸軍大学校教官などののち,日清(にっしん)戦争では第一軍参謀,日露戦争では第二軍参謀長をつとめる。第十八師団長,第四師団長などを歴任。大正4年軍事参議官,陸軍大将。昭和9年9月12日死去。81歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大迫尚道

没年:昭和9.9.12(1934)
生年:安政1.7.25(1854.8.18)
明治大正期の陸軍軍人。薩摩(鹿児島)藩士大迫新造の次男。陸軍大将大迫尚敏は兄。明治12(1877)年陸軍士官学校卒業(砲兵科)。参謀本部員,局長を経て22年ドイツへ留学,最新の砲術を学んで帰国。日露戦争(1904~05)には野戦砲兵第2旅団を率いて出征,203高地から旅順港を砲撃してロシア旅順艦隊を壊滅に追い込み,その功で戦後,野砲兵監に進んだ。のちに第4師団長,軍事参議官へ転じ大正4(1915)年大将に昇進した。退役後は救世団を組織,愛国思想の鼓吹に努めた。また大正9年の東京市電ストライキの仲裁に当たり,免職になった職員の多くを明治神宮造営事業にあっせんするなど,武人一辺倒ではない多彩な活動をみせた。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大迫尚道の関連キーワード川崎祐名河村正彦児島惣次郎鮫島重雄津野田是重中島健彦仁田原重行畑英太郎辺見十郎太町田経宇

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone