コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野定子 おおの さだむこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野定子 おおの-さだむこ

1831-1893 明治時代の歌人。
天保(てんぽう)2年生まれ。井上文雄にまなび,のち養女となる。明治6年はじめての女性教師として東京の礫川(れきせん)小学校で読書,習字,裁縫などをおしえ,13年学習院の裁縫教師。2万首をこえる和歌をのこした。明治26年7月18日死去。63歳。大和(奈良県)出身。本名は井上貞。別名にさたむる子。号は不二園。著作に「千題千首明治歌集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野定子の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android