コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野弁吉 おおの べんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野弁吉 おおの-べんきち

1801-1870 幕末の科学技術者,からくり師。
享和元年生まれ。長崎で医術,理化学などをオランダ人からまなび,のち加賀(石川県)大野村にすむ。豪商銭屋五兵衛にみとめられ,多方面で活躍。からくり人形写真機,望遠鏡,発火器などの作品がのこされている。明治3年死去。70歳。京都出身。名は薫。通称は中村屋弁吉。号は鶴寿軒,一東(いっとう)。著作に「一東視窮録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おおのべんきち【大野弁吉】

1801‐70(享和1‐明治3)
幕末の科学技術者。京都の生れといわれ,20歳のころ長崎に出て,オランダ人について医術,理化学を学び,かたわら絵画彫刻を習った。対馬・朝鮮に渡ったともいわれ,またシーボルトに学んだともいわれる。30歳のころ加賀の大野村に居住し,大野弁吉と名のる。その非凡な才能は金石(かないわ)の豪商銭屋五兵衛の目にとまり,彼の技術顧問として才能を発揮する。その理化学についての知識は,唯一の遺著《東視窮録》にみられ,エレキテルや火薬の製法などが書かれており,からくりの〈茶くみ人形〉の設計図も描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大野弁吉の関連キーワード石川県金沢港大野からくり記念館津幡直次郎葛木五平童門冬二

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android