コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野弁吉 おおの べんきち

2件 の用語解説(大野弁吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野弁吉 おおの-べんきち

1801-1870 幕末の科学技術者,からくり師。
享和元年生まれ。長崎で医術,理化学などをオランダ人からまなび,のち加賀(石川県)大野村にすむ。豪商銭屋五兵衛にみとめられ,多方面で活躍。からくり人形や写真機,望遠鏡,発火器などの作品がのこされている。明治3年死去。70歳。京都出身。名は薫。通称は中村屋弁吉。号は鶴寿軒,一東(いっとう)。著作に「一東視窮録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおのべんきち【大野弁吉】

1801‐70(享和1‐明治3)
幕末の科学技術者。京都の生れといわれ,20歳のころ長崎に出て,オランダ人について医術,理化学を学び,かたわら絵画彫刻を習った。対馬・朝鮮に渡ったともいわれ,またシーボルトに学んだともいわれる。30歳のころ加賀の大野村に居住し,大野弁吉と名のる。その非凡な才能は金石(かないわ)の豪商銭屋五兵衛の目にとまり,彼の技術顧問として才能を発揮する。その理化学についての知識は,唯一の遺著《東視窮録》にみられ,エレキテルや火薬の製法などが書かれており,からくりの〈茶くみ人形〉の設計図も描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大野弁吉の関連キーワード堀江半峯畑中銅脈安原正郷度会美彦享和河原きく子九鬼隆都手塚良仙長尾重威牧野康満

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大野弁吉の関連情報