コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野真鷹 おおのの またか

1件 の用語解説(大野真鷹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野真鷹 おおのの-またか

782-843 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)元年生まれ。大野直雄の子。弘仁(こうにん)元年春宮坊(とうぐうぼう)の主馬首(しゅめのかみ)となり,大伴親王(のちの淳和(じゅんな)天皇)につかえる。淳和天皇の即位にともない右近衛(うこんえの)中将まで昇進。天皇退位後は出仕せず,写経と仏像づくりに専念した。承和(じょうわ)10年2月3日死去。62歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野真鷹の関連キーワード東フランク王国ロタール[1世]ベルダン条約ロタール[1世]成年後見人光仁天皇勝道ウィドゥキント延暦賈島

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone