大野真鷹(読み)おおのの またか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野真鷹 おおのの-またか

782-843 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)元年生まれ。大野直雄の子。弘仁(こうにん)元年春宮坊(とうぐうぼう)の主馬首(しゅめのかみ)となり,大伴親王(のちの淳和(じゅんな)天皇)につかえる。淳和天皇の即位にともない右近衛(うこんえの)中将まで昇進。天皇退位後は出仕せず,写経と仏像づくりに専念した。承和(じょうわ)10年2月3日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android