大野真鷹(読み)おおのの またか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野真鷹 おおのの-またか

782-843 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)元年生まれ。大野直雄の子。弘仁(こうにん)元年春宮坊(とうぐうぼう)の主馬首(しゅめのかみ)となり,大伴親王(のちの淳和(じゅんな)天皇)につかえる。淳和天皇の即位にともない右近衛(うこんえの)中将まで昇進。天皇退位後は出仕せず,写経と仏像づくりに専念した。承和(じょうわ)10年2月3日死去。62歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android