コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野貝 オオノガイ

デジタル大辞泉の解説

おおの‐がい〔おほのがひ〕【大野貝】

エゾオオノガイ科の二枚貝。内海の砂泥中にすむ。貝殻は長卵形で白く、殻長8センチくらい。太く長い水管をもち、黒褐色の皮が覆う。本州中部以南に分布。水管は食用。おおむらがい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおのがい【大野貝】

海産の二枚貝。貝殻は灰白色で褐色の殻皮をかぶり、長卵形。殻長10センチメートル 内外で、薄くもろい。砂泥に深くもぐり、長い水管を出す。食用。九州以北の内湾にすむ。大村貝。文殊もんじゆの白貝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大野貝 (オオノガイ)

学名:Mya arenaria oonogai
動物。エゾオオノガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

大野貝の関連キーワード大野貝塚灰白色大村貝氷川町内外褐色内湾海産