コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大錦卯一郎 オオニシキウイチロウ

デジタル大辞泉の解説

おおにしき‐ういちろう〔おほにしきうイチラウ〕【大錦卯一郎】

[1891~1941]力士。第26代横綱。大阪府出身。本名、細川卯一郎。大正12年(1923)力士会による待遇改善を求めたストライキ(三河島事件)の責任をとって引退。優勝5回。→第25代横綱西ノ海 →第27代横綱栃木山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大錦卯一郎 おおにしき-ういちろう

1891-1941 明治-大正時代の力士。
明治24年11月25日生まれ。42年出羽海部屋に入門し,大正4年入幕。6年26代横綱となる。身長176cm,体重141kg。優勝5回。12年力士団の待遇改善のストライキ(三河島事件)の責任をとり引退。のち早大でまなび,「報知新聞」に相撲評をかいた。昭和16年5月13日死去。51歳。大阪出身。本名は細川卯一郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大錦卯一郎の関連キーワード大正時代明治

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android