コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栃木山守也 トチギヤマモリヤ

4件 の用語解説(栃木山守也の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とちぎやま‐もりや【栃木山守也】

[1892~1959]力士。第27代横綱。栃木県出身。本名、中田守也。旧姓、横田。筈(はず)押しの名人で、大正5年(1916)には太刀山(たちやま)の連勝を56で止める快挙を成し遂げた。優勝9回。引退後、年寄春日野。→第26代横綱大錦 →第28代横綱大錦 

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栃木山守也 とちぎやま-もりや

1892-1959 大正-昭和時代の力士。
明治25年2月5日生まれ。43年出羽海部屋に入門。大正4年入幕,7年第27代横綱となる。はず押しの名人で,優勝9回。14年引退し年寄春日野を襲名,栃錦,栃ノ海らをそだてた。昭和6年第1回大日本相撲選士権大会で現役の横綱玉錦,関脇天竜らをやぶって優勝した。昭和34年10月3日死去。67歳。栃木県出身。本名は中田守也。旧姓は横田。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とちぎやまもりや【栃木山守也】

1892‐1959(明治25‐昭和34)
大正期の力士。27代横綱。栃木県藤岡町の農家に生まれた。本名中田守也。家出して,18歳で横綱常陸山谷右衛門のいる出羽海部屋に入門,1911年1月初土俵,5月序ノ口に出てから7場所,3年半で黒星わずか3個というスピード出世で,15年1月入幕した。翌16年5月小結で56連勝の横綱太刀山を破り一躍花形力士になった。17年1月関脇,5月大関となり,大関2場所目の18年1月,全勝して横綱免許となった。身長171cm,体重105kgの恵まれない体格ながら,猛稽古によって,相手にまわしを与えないはず押しの近代相撲を完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栃木山守也
とちぎやまもりや
(1892―1959)

第27代横綱。横綱常陸山(ひたちやま)(後の出羽海(でわのうみ))の門下。現在の栃木県栃木市藤岡町地区に生まれ、18歳で相撲(すもう)界に入門。1916年(大正5)には太刀山(たちやま)の57連勝を阻む快挙を成し遂げ、1918年1月、大関二場所のあと横綱に昇進した。筈(はず)押しの名人で、優勝9回(連続5回)、身長1.72メートル、体重105キログラム。1925年に引退して年寄春日野(かすがの)を襲名。鹿島洋(かしまなだ)、神東山、相模(さがみ)川、栃錦(とちにしき)、栃ノ海らを養成し、相撲協会取締として相撲興隆に貢献した。死後、元力士として初の勲四等瑞宝章(ずいほうしょう)を贈られた。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栃木山守也の関連キーワード中村時蔵豊島朴因渥美清太郎中沢不二雄石井四郎内村良二川島アクリ神代峻通西村陽吉平工喜一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone