コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間まぐろ

デジタル大辞泉プラスの解説

大間まぐろ

青森県下北半島の大間沖で一本釣・延縄漁法により漁獲される本マグロ。代表的な高級銘柄魚のひとつ。2013年の東京築地の初セリでは、222キロの大間まぐろに1億5540万円の値がつき話題となった。地域団体商標

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大間まぐろ[水産]
おおままぐろ

東北地方、青森県の地域ブランド。
大間漁協に水揚げされているクロマグロ津軽海峡には越冬産卵のための南下に備えて餌をたっぷり取ったマグロが多く、大型のもので200kgから300kg位になる。大間のマグロ漁は夏から秋におこなわれ、一本釣りの漁法も有名。水揚後、迅速に処理され鮮度を保持したマグロは、主に築地市場へ出荷され高い評価を受けている。2007(平成19)年6月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5051377号。地域団体商標の権利者は、大間漁業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

大間まぐろの関連キーワード地域団体商標制度東北地方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大間まぐろの関連情報