大間(読み)おおま

精選版 日本国語大辞典「大間」の解説

おお‐ま おほ‥【大間】

〘名〙
① ものの間隔、幅などの広いこと。
② 大きな座敷。表向きのものを「広間」というのに対し、奥向きのものをいう。
※鎌倉殿中以下年中行事(1454か)「公方様、大間へ御帰りあって、内之御椀飯始也」
③ 京阪地方で、家の坪数や間(けん)数を数える時の尺度。一間(いっけん)が、曲尺(かねじゃく)で六尺五寸あり、六尺より大きいところからいう。京間。
④ 建物の柱間が他より広いところ。
⑤ 橋の中央部で、船が通るために、特に橋柱と橋柱の間を広くしてある部分。
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「大間の行燈(あんどう)目あてに、船を艫(とも)より逆下しにせし時」
⑥ (形動) 役者の動作の間の長いこと。
※歌舞伎・菊宴月白浪(1821)九段「いざり屋体の馬鹿囃子(ばかばやし)、聖天大間を合図と定め」
※九暦‐九暦抄・天暦三年(949)正月二三日「今日見大間、物誤已多」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大間」の解説

おおま〔おほま〕【大間】

青森県下北郡の地名下北半島先端に位置する、本州最北端の町。大間崎沖で漁獲されるクロマグロは「大間まぐろ」のブランド名で知られる。

おお‐ま〔おほ‐〕【大間】

[名・形動]
間隔の大きいこと。
演劇で、俳優の動作や囃子(はやし)の間(ま)が大きいこと。また、そのさま。
「古風に―な味が、なんとも言われず好もしかった」〈里見弴多情仏心
広い部屋。
京間1」に同じ。
川船が通るために広くした橋柱の間。
中世の貴族などにおいて行事に使われる部屋。
大間書(おおまがき)」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android