コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大間 オオマ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ま〔おほ‐〕【大間】

[名・形動]
間隔の大きいこと。
演劇で、俳優の動作や囃子(はやし)の間(ま)が大きいこと。また、そのさま。
「古風に―な味が、なんとも言われず好もしかった」〈里見弴多情仏心
広い部屋。
京間1」に同じ。
川船が通るために広くした橋柱の間。
中世の貴族などにおいて行事に使われる部屋。
大間書(おおまがき)」の略。

おおま〔おほま〕【大間】

青森県下北郡の地名下北半島の先端に位置する、本州最北端の町。大間崎沖で漁獲されるクロマグロは「大間まぐろ」のブランド名で知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおま【大間】

広いへや。広間。
京間きようま 」に同じ。
門・鳥居などで柱間の等しくないとき、広い方をいう。
橋の中央で、船を通せるように橋脚の間隔を広くとった所。
俳優の動作や囃子はやしの間が大きいこと。
大間書おおまがき 」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大間の関連キーワード大間原発の建設差し止め訴訟室蘭―青森航路(青蘭航路)自然エネルギー市民ファンド青森県下北郡大間町大間青森県下北郡大間町奥戸静岡県榛原郡川根本町ミンデル=リス間氷期青森県下北郡大間町地域団体商標制度大間原子力発電所電源開発[株]大間町の要覧大間のマグロおこっぺいも青森県下北郡地域団体商標大脇 正諄下風呂温泉除目大成抄大間[町]

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大間の関連情報