コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

築地市場 つきじしじょう//つきじいちば

知恵蔵の解説

築地市場

東京都中央区築地にある日本を代表する卸売市場。東京都が開設する中央卸売市場の一つ。水産物青果物を扱うが、水産物の取扱量は世界最大規模を誇り、2015年は1日当たり約1600トン、取引金額は同16億円を超え、「魚河岸」の通称を持つ。
関東大震災(1923年)の復興事業の一環として計画され、震災で焼失した日本橋の魚市場などを移転収容して35年に開設された。築地市場に隣接して「場外市場」と呼ばれる問屋街も発達。太平洋戦争による統制期には市場機能が低下したものの、戦後は取扱量を飛躍的に伸ばし、都民らの食を支えてきた。2002年以降、取扱量は減少が続いており、ピークの1987年の半数近くに減ったものの、大勢の観光客が訪れ、特にマグロのセリは外国人観光客に人気がある。一時はマナーの悪い客の増加から見学を中止した時期もあったが、人数を制限するなどして見学受け入れを再開している。
築地市場は、50年代から施設の増築などが行われてきたが、施設の老朽化が進み、23ヘクタールの敷地も手狭になってきたため、80年代から再整備が検討されてきた。当初は現在地での再整備が計画され、1991年から400億円かけて工事を進めたものの頓挫。東京都は2001年に江東区豊洲への移転計画を決めたが、予定地の土壌から環境基準を大幅に上回る有害物質が検出され、汚染対策を進めてきた。移転を巡っては当初から反対も多く、汚染対策などを巡って開場時期が何度も遅れてきた。ようやく16年11月7日の開場が決まったものの、直前の知事選で当選した小池百合子知事が安全性への懸念などを理由に延期を決め、土壌汚染対策の盛り土が主要な建物の下でされていなかったことなども新たな問題として浮上した。築地市場は、豊洲新市場への移転までの間、老朽化施設の補修などを行いながら機能を維持していく方針だが、移転時期はまた見通せなくなった(16年12月5日現在)。

(原田英美  ライター /2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

築地市場

日本橋にあった魚市場が1935年に移転して開場。老朽化が進み、23ヘクタールの敷地も手狭になったことから、東京都は01年に江東区豊洲地区の東京ガス工場跡地(40ヘクタール)に移転を決めた。08年に環境基準の4万3千倍のベンゼンや860倍のシアン化合物が検出された。都は586億円をかけて土壌を入れ替え、14年12月に新市場を開場する方針。

(2009-10-06 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

つきじ‐しじょう〔つきヂシヂヤウ〕【築地市場】

東京都中央区築地にある卸売市場。東京都が設置する中央卸売市場の一つで、水産物と青果物を扱う。水産物の取扱高は世界最大規模。昭和10年(1935)に日本橋の魚河岸と京橋の青物市場が移転して開場。施設の老朽化・狭隘化などのため、豊洲地区への移転が予定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

築地市場の関連キーワード築地市場/絵でみる魚市場の一日2017年東京都議会議員選挙東京オリンピック2016うまいもんドットコム築地市場移転の経緯東京都中央卸売市場築地市場の移転問題イサベル コイシェ築地魚河岸三代目東京都中央区築地築地(東京都)東洋水産[株]都内の卸売市場大間のマグロ市場移転問題相馬のヒラメドブネズミ戸井まぐろ大間まぐろ場内市場

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

築地市場の関連情報