コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天外梵舜 てんがい ぼんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天外梵舜 てんがい-ぼんしゅん

?-1653 江戸時代前期の僧。
曹洞(そうとう)宗。鎌倉建長寺で出家し,三河(愛知県)全久院の特雄専英の法をつぎ,のち同院10世となる。また尾張(おわり)(愛知県)乾坤院,三河竜渓寺などの住持をつとめる。寛永11年丹波船井郡(京都府)普済寺の中興開山(かいさん)となった。法嗣鉄心道印がいる。承応(じょうおう)2年8月2日死去。相模(さがみ)(神奈川県)出身。俗姓は伊藤。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天外梵舜の関連キーワード曹洞

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android