コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天寿国曼荼羅 テンジュコクマンダラ

大辞林 第三版の解説

てんじゅこくまんだら【天寿国曼荼羅】

聖徳太子の没後、妃の橘大郎女が、太子と太子の母后の天寿国にある姿を縫いとりさせて作らせた繡帳しゆうちよう。原物は二帳であったが、現在は残片が中宮寺に残る。国宝。天寿国繡帳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天寿国曼荼羅の関連キーワード世間虚仮,唯仏是真世間虚仮唯仏是真日本刺しゅう漢奴加己利椋部秦久麻繍帳・繡帳天寿国繡帳飛鳥美術弥勒信仰東漢末賢信如尼繍帳原物残片没後信如母后

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android