コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀甲文 きっこうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀甲文
きっこうもん

六角形を基本とする幾何学文様。染織漆工,金工などに広く用いられている。有職文様の一つ。亀の甲の筋文に似ているのでこの名があるが,亀の甲から意匠したものではない。日本での早い作例は奈良時代の染織品中にある。六角形単独のものを「亀甲」と呼び,これを上下左右に連続させたものを「亀甲つなぎ」と呼ぶ。調度,衣装などの装飾文様あるいは家紋 (→紋章 ) として用いられる場合は,亀甲の内部に花菱,梅,かたばみ,笹などの草花文様をはめこむことが多い。また亀甲そのものを変化させた毘沙門亀甲,そり亀甲,結び亀甲,鉄砲亀甲なども考案されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

亀甲文【きっこうもん】

カメの甲をかたどった六角形の連続模様。カメを瑞祥(ずいしょう)の動物とみなしたところから古来めでたい模様として衣服や調度品に応用され,紋章にもなっている。六角形の中に花菱(はなびし)をあしらった花菱亀甲や,変形の毘沙門(びしゃもん)亀甲などがある。
→関連項目有職文様

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きっこうもん【亀甲文】

六角形を基本とした文様および紋章の名。亀の甲の模様をかたどったものとしてこの名がある。蜂窩(ほうか)(ハチの巣)とともに古くからある幾何学文様で,多くの国々に見られ,日本でも奈良時代の染織品にこれを織り出したものがある。平安時代以後は衣料,調度などの文様としてひじょうに多く用いられ,〈家紋〉としても固定していった。ふつう亀甲文としては六角形の中に花菱(はなびし)のある花菱亀甲が行われているが,これに星,カタバミ,梅などのはいったものもあり,また亀甲そのものの形の変化した,そり亀甲,亀甲くずし,毘沙門(びしやもん)亀甲などもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀甲文
きっこうもん

六角形を基本とした幾何学文様の一種。カメの甲らに似ているところからこの名がある。六角形単独のものを亀甲形といい、上下左右に続けたものを亀形つなぎとよぶ。単独としてよりむしろ連結文様として多く使用されている。日本では古墳時代からこの文様が使われていたようだが、おそらく朝鮮から伝来したものであろう。平安時代からのち、六角形内部にキク(菊)、ツル(鶴)、唐花などをはめ込んだ文様が現れ、染織文様として幅広く使われた。ほかに大小2組の亀甲を重ねた子持ち亀甲、亀甲の中に花菱(はなびし)のある花菱亀甲、亀甲を三つ組み合わせた毘沙門(びしゃもん)亀甲などさまざまな変化形がある。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の亀甲文の言及

【カメ(亀)】より

…特殊な構造の甲をもつカメ目Testudinesに含まれる爬虫類の総称。カメ類は爬虫類仲間では形態,生態ともにユニークな存在で,一般にもなじみが深く,多くの種類が公園の池や家庭で飼育されている。体のつくりは,カメの祖先型の三畳紀中~後期に生息していたプロガノケリス類Proganochelys(サンジョウキガメ)から現在に至るまで,ほとんど変化が見られない。大半が水陸両生で一部が陸生および海生。大部分は甲長15~30cmくらいの小型で,約230種が極地を除く各大陸の熱帯,亜熱帯,温帯に広く分布する。…

【有職文様】より

…小葵(こあおい)文のように葉を襷状に配列したものも襷文のうちに入れられるであろう。(4)亀甲(きつこう)文 他の文様と同様に古代以前からあったが,内区に花菱文を収めた亀甲花菱文が多い。(5)立涌(たてわく)文立涌文の原型は波状唐草で,それを上下打返しに組み合わせたものを単位として,縦方向に配列した文様と考えられる。…

※「亀甲文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

亀甲文の関連キーワード薩摩ガラス和井田 要和井田要信家

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亀甲文の関連情報