天徳曇貞(読み)てんとく どんてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天徳曇貞 てんとく-どんてい

1332-1429 南北朝-室町時代の僧。
正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。通幻寂霊(じゃくれい)に師事,その法をつぐ。足利義満の帰依(きえ)をうけた。近江(おうみ)(滋賀県)に大光寺を,周防(すおう)(山口県)に太陽寺を創建。寂霊の死後,越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺をつぎ,のち丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)にうつった。永享元年9月6日死去。98歳。近江出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android