コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天徳曇貞 てんとく どんてい

1件 の用語解説(天徳曇貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天徳曇貞 てんとく-どんてい

1332-1429 南北朝-室町時代の僧。
正慶(しょうきょう)元=元弘(げんこう)2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。通幻寂霊(じゃくれい)に師事,その法をつぐ。足利義満の帰依(きえ)をうけた。近江(おうみ)(滋賀県)に大光寺を,周防(すおう)(山口県)に太陽寺を創建。寂霊の死後,越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺をつぎ,のち丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)にうつった。永享元年9月6日死去。98歳。近江出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

天徳曇貞の関連キーワード鉄牛兼国(2)久阿弥孝信厳潘長雅長懐道順(2)道尊(2)頼勝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone