コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天文義論 てんもんぎろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天文義論
てんもんぎろん

江戸時代中期の天文書。西川如見著。中国と西洋の天文学を比較して論じたもので,占星術のたぐいを迷信としている点が注目に値する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんもんぎろん【天文義論】

江戸中期の長崎の天文家西川如見の著。1712年(正徳2)に2巻2冊本として出版された。その角書に〈両儀集説外記〉とあるように,本書は西洋天文学の新説に在来の中国天文家の所説を対比させた設問形式で書かれ,後者が前者に劣るものでないとの思潮に立っている。内容は地円説,九天説,日月の大きさと本体,星座,暦など,洋学輸入以前の天文学の諸問題を網羅し,長崎では非常に普及して,のちの本木良永志筑忠雄も本書によって西洋天文学を知るようになったと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android