天文義論(読み)てんもんぎろん

世界大百科事典 第2版「天文義論」の解説

てんもんぎろん【天文義論】

江戸中期の長崎の天文家西川如見の著。1712年(正徳2)に2巻2冊本として出版された。その角書に〈両儀集説外記〉とあるように,本書は西洋天文学の新説在来の中国天文家の所説を対比させた設問形式で書かれ,後者前者に劣るものでないとの思潮に立っている。内容は地円説,九天説,日月の大きさと本体,星座など,洋学輸入以前の天文学の諸問題を網羅し,長崎では非常に普及して,のちの本木良永志筑忠雄も本書によって西洋天文学を知るようになったと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android