天桂禅長(読み)てんけい ぜんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天桂禅長 てんけい-ぜんちょう

1462-1524 室町-戦国時代の僧。
寛正(かんしょう)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)竜泉寺にはいり,永正(えいしょう)14年甲斐(かい)(山梨県)慈照寺真翁宗見に師事,その法をつぐ。武田信虎帰依(きえ)をうけて大泉(だいせん)寺の開山(かいさん)となった。大永(たいえい)4年9月29日死去。63歳。加賀(石川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android