天満祭(読み)てんままつり

精選版 日本国語大辞典「天満祭」の解説

てんま‐まつり【天満祭】

〘名〙 大阪市北区天神橋の天満宮の夏祭。もとは陰暦六月、いまは七月二四・二五日に行なう。宵宮には鉾流しの神事があり、本祭の日の夕刻から船渡御がある。神輿、鳳輦の奉安船とこれを迎えるお迎え人形船、篝船、どんどこ船、囃子船などが堂島川を下って、江之子島に着き、陸路を練って本社に還幸する。楽車囃子(だんじりばやし)灯火と群衆とで賑わう。日本三大祭の一つ。天神祭天満の舟祭。天満の御祓。天満のみそぎ。《季・夏》 〔俳諧・増山の井(1663)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天満祭」の解説

てんま‐まつり【天満祭】

大阪市北区の天満宮の夏祭り。もとは陰暦6月25日、現在は7月25日に行われ、日本三大祭りの一。宵宮にはほこ流しの神事、本祭りの夕方には船渡御の神事がある。天神祭。天満の舟祭。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android