コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然ゴム てんねんゴムnatural rubber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天然ゴム
てんねんゴム
natural rubber

植物体内において生合成されたゴムをいう。ゴム含有植物は数多くあるが,そのうち今日企業の対象となっているゴム樹は,元来アマゾン流域に野生していた Hevea brasiliensisと呼ばれる灌木を改良したものである。この樹皮を傷つけて流出する乳液 (ラテックス) を集め,処理工場で濃縮した濃縮ラテックスはラテックス工業の原料となり,またラテックスをギ酸のような凝固剤により凝固し,乾燥すれば固形ゴムすなわち生ゴムとなり,ゴム工業の原料となる。今日天然ゴムの主産地はマレーシア,インドネシアを中心とする東南アジアおよびリベリアを中心とする中部アフリカで,1990年の世界年間生産量は,合成ゴムを含めた全原料ゴムが 1512万tであるのに対し,天然ゴムは 515万tで,全体の3割強を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんねんゴム【天然ゴム】

ゴムノキの樹液から凝固・分離させた生ゴム、およびこれを加工した製品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天然ゴム
てんねんごむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の天然ゴムの言及

【ゴム】より

…日本のゴム工業における新ゴムの生産量は約137万t(1995年)で,その主要製品別内訳をみると,タイヤチューブ用としての需要が75%とずばぬけて多く,次いでベルト,ホースなどの工業用品,履物,ゴム引布などその他ゴム製品用の順となっている。また日本において消費されるゴムでは,合成ゴムが天然ゴムに比べてはるかに大きい比率を示している。合成ゴムについては別項で詳細に述べるので,ここでは天然ゴムについて説明する。…

※「天然ゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天然ゴムの関連キーワードpolyisoprene gomchloroprene gomスチレンブタジエンゴムラテックスアレルギーニューアイルランド島ポートモレスビー国際天然ゴム協定ポンティアナッククロロプレンゴムペーパーセメントセロハンテープグッタベニンシティーゴムライニング国際ゴム研究会インドゴムの木イソプレンゴムポポンデッタパラゴムの木グッタペルカ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然ゴムの関連情報