天然ゴム(読み)てんねんゴム(英語表記)natural rubber

  • natural rubber, caoutchouc

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物体内において生合成されたゴムをいう。ゴム含有植物は数多くあるが,そのうち今日企業の対象となっているゴム樹は,元来アマゾン流域に野生していた Hevea brasiliensisと呼ばれる灌木を改良したものである。この樹皮を傷つけて流出する乳液 (ラテックス) を集め,処理工場で濃縮した濃縮ラテックスはラテックス工業の原料となり,またラテックスをギ酸のような凝固剤により凝固し,乾燥すれば固形ゴムすなわち生ゴムとなり,ゴム工業の原料となる。今日天然ゴムの主産地マレーシアインドネシアを中心とする東南アジアおよびリベリアを中心とする中部アフリカで,1990年の世界年間生産量は,合成ゴムを含めた全原料ゴムが 1512万tであるのに対し,天然ゴムは 515万tで,全体の3割強を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ゴムはgom) ゴム植物から得られる弾性に富んだ天然物質。合成ゴムに対していう。〔百万人の科学(1939)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ヘビア(Hevea brasiliensis)の木からとれる原料ゴムを,一般に天然ゴムという.ヘビアの樹皮の切り口から流出する乳白色の液体はラテックスといわれ,cis1,4-ポリイソプレン35%,水60%,タンパク質2%,その他3% の成分からなる.これに有機酸を加えてポリイソプレン粒子を凝固させ,乾燥したものを生ゴムという.これを加硫することによってゴム製品がつくられる.この天然ゴムは,一般に物性と加工面で合成ゴムよりすぐれている点が多い.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天然ゴムの言及

【ゴム】より

…日本のゴム工業における新ゴムの生産量は約137万t(1995年)で,その主要製品別内訳をみると,タイヤチューブ用としての需要が75%とずばぬけて多く,次いでベルト,ホースなどの工業用品,履物,ゴム引布などその他ゴム製品用の順となっている。また日本において消費されるゴムでは,合成ゴムが天然ゴムに比べてはるかに大きい比率を示している。合成ゴムについては別項で詳細に述べるので,ここでは天然ゴムについて説明する。…

※「天然ゴム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然ゴムの関連情報