コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天界の一般自然誌と理論 てんかいのいっぱんしぜんしとりろんAllgemeine Naturgeschichte und Theorie des Himmels

世界大百科事典 第2版の解説

てんかいのいっぱんしぜんしとりろん【天界の一般自然誌と理論 Allgemeine Naturgeschichte und Theorie des Himmels】

I.カントの一連の自然哲学に関する論説中もっとも著名なものであり,1755年の著作。副題に〈ニュートンの原理に従って論述した全宇宙構造の編成と力学的起源についての試論〉とある。カントは太陽系の現状に見られる特色,すなわち惑星・衛星の公転,太陽の自転の向きと面が共通していることに着目し,これらが偶然の所作によるとは考えられないとして,物質粒子のこんとんとした始源状態から,ニュートンの万有引力の作用により必然的に太陽系が生成されることを導こうとした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天界の一般自然誌と理論の言及

【カント】より

…当地のフリードリヒ学舎を経てケーニヒスベルク大学に学び,当時ドイツの大学を支配していたライプニッツ=ウォルフの哲学に触れるとともに,師M.クヌッツェンの導きのもとに,とりわけニュートン物理学に興味を寄せる。大学卒業後ほぼ10年間家庭教師をつとめながら研究を深め,1755年《天界の一般自然誌と理論――ニュートン物理学の原則に従って論じられた全宇宙の構造と力学的起源についての試論》を発表,ニュートン物理学を宇宙発生論にまで拡張適用し,のちに〈カント=ラプラスの星雲説〉として知られることになる考えを述べる。同年,ケーニヒスベルク大学私講師となり,論理学,形而上学はじめ広い範囲にわたる科目を講ずる。…

※「天界の一般自然誌と理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天界の一般自然誌と理論の関連キーワード天文学史(年表)