コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天辻峠 てんつじとうげ

3件 の用語解説(天辻峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天辻峠
てんつじとうげ

奈良県中西部,五條市の中部にある峠。標高 800m。十津川水系と吉野川支流の丹生川水系の分水嶺をなし,かつては五條と熊野地方を結ぶ西熊野街道の難所であった。峠の下の新天辻トンネルを国道 168号線が貫通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県〕天辻峠(てんつじとうげ)


奈良県南部、五條(ごじょう)市の西吉野(にしよしの)町と同市大塔(おおとう)町の境にある峠。熊野(くまの)川(新宮(しんぐう)川水系)と永谷(ながたに)川(紀()の川水系)の分水界をなす。標高約790m。古くから西熊野(にしくまの)街道の要地として知られた。現在、国道168号が新天辻トンネルを通過する。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天辻峠
てんつじとうげ

奈良県西南部、五條(ごじょう)市西吉野町地区と同市大塔(おおとう)町地区の境界にある峠。吉野川水系の丹生(にゅう)川の支流永谷(えいたに)川と十津(とつ)川上流との分水界をなす。かつては五條と新宮(しんぐう)(和歌山県)を結ぶ西熊野街道最大の難所で、ここで口吉野と奥吉野に分けられた。峠南部の天(てん)ノ川辻(五條市大塔町天辻)は峠下集落で問屋や宿屋があって栄えた。1922年(大正11)峠から約50メートル下に天辻トンネルが開通し、1959年(昭和34)にはその下約100メートルに新天辻トンネル(1174メートル)が完成して国道168号が通じ、距離の短縮、勾配(こうばい)の緩和によって自動車交通が容易になった。なお、天辻峠には旧国鉄の計画線五新線のトンネルがつくられていたが、五新線計画は廃止となり、トンネルは現在では大阪大学物理研究センター大塔コスモ観測所となっている。[菊地一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone