コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西吉野 にしよしの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西吉野
にしよしの

奈良県南西部,五條市中部の旧村域。吉野川の支流丹生川の中・上流域にある。 1959年宗檜村,白銀村,賀名生村が合体して西吉野村が成立。 2005年五條市に編入。吉野山地の北西部を占め,林業とカキ () ,ミカンなどの果樹栽培が行なわれる。十津川上流の猿谷ダムの水をトンネルで導いて建設された西吉野発電所があり,その余水を紀ノ川に流す十津川分水も行なわれた。西部の賀名生南朝ゆかりの地で史跡に富み,賀名生梅林はウメの名所。付近に北畠親房の墓がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西吉野
にしよしの

奈良県南西部、吉野郡にあった旧村名(西吉野村(むら))。現在は五條(ごじょう)市中部を占める地域で、和歌山県に接する。旧西吉野村は、1959年(昭和34)賀名生(あのう)、白銀(しろかね)、宗檜(むねひ)の3村が合併して成立。2005年(平成17)五條市に編入。紀伊山地の北端に位置し、吉野川の支流丹生(にう)川が北西流する。南東部は林業、北部は果樹栽培が盛ん、とくにカキの生産で知られ、奈良県立「柿博物館」がある。西部の賀名生は約2万本の梅林で知られ、近くに南朝の行宮(あんぐう)跡と伝えられる所がある。丹生川、宗(むね)川に沿って西熊野街道(国道168号)が通じ、難所の天辻(てんつじ)峠下には1174メートルの新トンネルが開通した。黒淵(くろぶち)には西吉野第一発電所がある。1997年北部に一の木ダムが完成した。常覚(じょうかく)寺の平安末期の木造普賢(ふげん)延命坐像(ざぞう)、17世紀造の西田家住宅と室町後期の堀家住宅は国指定重要文化財。自然休養村の指定地。[菊地一郎]
『『西吉野村誌』(1963・西吉野村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西吉野の関連キーワード大塔(奈良県)吉野(奈良県)奈良県五條市奈良(県)田村 吉永永岡 鶴蔵五條(市)青木 俊之青木俊之袖もぎ様高師直

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西吉野の関連情報