コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野康景 あまの やすかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野康景 あまの-やすかげ

1537-1613 織豊-江戸時代前期の大名。
天文(てんぶん)6年生まれ。徳川家康につかえ,三河(愛知県)三奉行のひとりとして民政に活躍。慶長6年駿河(するが)(静岡県)興国寺藩主(1万石)となる。12年藩の足軽が天領の農民を殺害した事件で,幕府の査問を拒否したため改易(かいえき)。慶長18年2月24日死去。77歳。初名は景能(かげよし)。通称は又五郎,三郎兵衛。
【格言など】直をまげて,曲がったものに従うことは出来ぬ(改易で城をでるとき)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

天野康景

没年:慶長18.2.24(1613.4.14)
生年:天文6(1537)
戦国・江戸時代前期の武将。通称は又五郎および三郎兵衛といい,名ははじめ景能といった。徳川家康の小姓から,永禄8(1565)年には,三河平定の功を買われ高力清長,本多重次と共に三河三奉行に抜擢された。家康の江戸入城後,一時江戸町奉行に任命され,慶長6(1601)年には譜代大名となって駿河興国寺藩1万石の支配に当たった。同12年,築城資材を盗もうとした天領の農民を康景の足軽が斬り,折から「百姓むざところし候事御停止也」という「定書」が出されて間もなくのことで,康景はこれをかばって逐電したために,改易された。

(小和田哲男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまのやすかげ【天野康景】

1537‐1613(天文6‐慶長18)
徳川家康の部将天野遠景後胤といわれ,祖父遠房の代に家康の祖父松平清康に臣属した三河譜代の家柄である。康景は家康より5歳の年長で,幼少のころから家康に近侍し辛苦をともにした。三河一向一揆のとき一向宗を改宗して家康方に付く。いわゆる三河三奉行の一人で公平無私な言行から〈どちへん(彼是偏)なしの天野三郎兵衛〉の異称がある。晩年,幕領民を殺害した自藩の軽卒を幕府に引き渡すことを拒否し,みずから領知を放棄し蟄居した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

天野康景の関連キーワード興国寺城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android