コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御手洗 みたらし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御手洗
みたらし

神社の社頭にあり,参詣者が神に参拝する前に手を洗い,口をすすぐところ。川泉などの流水を用いるかあるいは手水舎 (ちょうずや) が設けられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

み‐たらし【御手洗】

神仏を拝む前に参拝者が手や口を洗い清める所。
御手洗会(みたらしえ)」の略。
御手洗川」の略。
「この清川と申すは、羽黒権現の―なり」〈義経記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みたらい【御手洗】

安芸国(広島県)大崎下島の東端に形成された港町西廻海運潮待ち・風待ち廻船の寄港地。近世初頭の御手洗は田郡大長(おおちよう)村に属し,出作りによる農耕が行われていたが,沖乗りの発達とともに船舶の湾内係留が増えた1666年(寛文6)に町割りが行われた。その後も,土地の狭い御手洗では,町人の手で干拓が進んで船宿や商家,倉庫を中心に町並みが広がり,船の発着場の雁木(がんぎ)や,船番所もできて,港町として整備がはかられた。

みたらし【御手洗】

神仏を拝する前に,参拝者が体をきよめるため,手を洗い,口をそそいだ場所。伊勢神宮五十鈴川のように,自然の川であることもあり,そうした場合にその川を御手洗川と呼ぶこともある。《義経記》に〈清川と申は,羽黒権現のみたらしなり〉とみえるのもその例である。世俗,日常の世界から神聖な社域,寺域に入るための(みそぎ)の行事と場所が簡略化された結果,成立したのが今日,各地の社寺にみられる御手洗であろう。京都北野天満宮の7月7日になされる御手洗祭は,祭神が歌を詠むので,そのための御手水(おちようず)を硯箱,水さしなどとともに神前に供えるのだとされるが,これは魂祭である盆を前にして禊が変容したものと思われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御手洗
みたらい

広島県中南部、呉(くれ)市大崎下(おおさきしも)島東部の一地区。西廻(にしまわり)航路の重要な風待ち・潮待ち港として繁栄し、当時の遊女屋若胡子(わかえびす)屋や、三条実美(さねとみ)らの七卿落(しちきょうおち)遺跡(ともに県の史跡)がある。1994年(平成6)重要伝統的建造物群保存地区に選定された。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の御手洗の言及

【瀬戸内海】より

… 瀬戸内海では17世紀半ばに西廻海運が整えられるまでは,山陽沿岸を通る地乗り航路が中心で,物資の交易,潮待ち,風待ちのため下関,尾道,鞆(とも),笠岡,下津井,牛窓などの港町が栄えた。それ以降は島嶼部を縫う沖乗り航路が主となり,木江(きのえ)(大崎上島),御手洗(みたらい)(大崎下島),鹿老渡(かろうと)(倉橋島)などの港町が発達した。明治以降は鉄道の発達によって沿岸航路が廃止されたところもあり,大型の汽船が普及してからは小規模な港町の多くは衰退した。…

【豊[町]】より

…1422年(応永29)の《小早川文書》には〈大条浦〉(現,大長(おおちよう)),〈興友浦〉(現,沖友)など町内の地名がみえる。南東端の御手洗(みたらい)は,近世には廻船などの寄航地としてにぎわい,町場が形成された。参勤交代の際に寄港する西国諸藩の大名も多く,その船宿や,遊女を抱えた茶屋もあった。…

【手水鉢】より

…多くは石造で,自然石をそのまま用いたもの,貝,舟,富士,一文字,棗(なつめ)などの形に加工したもの,また四方仏や五輪塔の水輪(下から2段目の石),橋杭などを利用したものがあり,銅製,陶磁器のものもある。神仏に詣でるときに手を清め口をすすぐ風習は古く,伊勢神宮や上賀茂神社には,川に石畳をしつらえて御手洗(みたらし)が設けられている。また神嘗祭(かんなめさい)でも御手洗の儀礼が行われていた。…

※「御手洗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御手洗の関連キーワードセント・ニコラスの、ダイヤモンドの靴進々堂世界一周/追憶のカシュガルハリウッド・サーティフィケート上高地の切り裂きジャック広島県呉市豊町御手洗佐賀県鳥栖市立石町糺の涼み・糾の涼み暗闇坂の人喰いの木御手洗潔のメロディロシア幽霊軍艦事件水晶のピラミッドリベルタスの寓話ネジ式ザゼツキー御手洗潔の挨拶最後のディナー斜め屋敷の犯罪占星術殺人事件犬坊里美の冒険御手洗櫓音頭摩天楼の怪人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御手洗の関連情報