コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太安養康 たいあん ようこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太安養康 たいあん-ようこう

1448-1549 室町-戦国時代の僧。
文安5年生まれ。曹洞(そうとう)宗。天台宗吉祥寺の良安について出家し,遠江(とおとうみ)(静岡県)石雲院の崇芝性岱(すうし-しょうたい),その弟子季雲永岳にまなび,永岳の法をつぐ。のち武蔵(むさし)幸手(埼玉県)宝持寺の住持となった。天文(てんぶん)18年4月22日死去。102歳。能登(のと)(石川県)出身。俗姓は一色。法名は永康ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太安養康の関連キーワードオレンボー朝オレンボー朝ウゲットオルデンブルク王家赤松則繁ヨハネス[8世]鄧茂七の乱ブーツ(Dirk (Dieric) Bouts)ケット岡田幸樹

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone