コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田覚眠 おおた かくみん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田覚眠 おおた-かくみん

1866-1944 明治-昭和時代前期の僧。
慶応2年9月16日生まれ。浄土真宗本願寺派。明治36年開教使としてシベリアのウラジオストク駐在となる。日露戦争で送還され,講和後同地にもどり布教を再開。昭和9年帰国。11年ラマ僧を指導するため内モンゴルにはいり,昭和19年11月30日ラマ教寺院で死去。79歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田覚眠の関連キーワードカミュスタージェスもの派レジスタンス文学プロシア=オーストリア戦争英学プロイセン・オーストリア戦争カッセル中国白書鶴沢道八(1世)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android