コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太鼓打 タイコウチ

デジタル大辞泉の解説

たいこ‐うち【太鼓打】

半翅(はんし)目タイコウチ科の昆虫池沼にすむ。体長約3.5センチで、体は土色紡錘形で平たく、腹端に長い呼吸管をもつ。前脚は鎌(かま)状で、小魚・昆虫などを捕食する。水中からつまみ出すと、前脚を太鼓をたたくように動かす。本州以南、台湾に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいこうち【太鼓打】

カメムシ目の水生昆虫。体長3.5センチメートル 内外。体は扁平な長楕円形で、暗褐色。尾端に長い呼吸管がある。池や沼の泥中にひそんでいることが多い。鎌形の前脚を交互に動かすさまからこの名がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

太鼓打の関連キーワード望月太左衛門(4世)笠屋又九郎(初代)御田植式[伊雑宮]藤舎芦船(初代)五木村の太鼓踊り風流(ふりゅう)オタン・トゥラル春駒(祝福芸)じゃんがら念仏壬生の花田植チョンダラージャンガラつんつく踊南部神楽エイサーペーロン水生昆虫赦免地踊天神祭太鼓踊

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太鼓打の関連情報