コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫婦養子 フウフヨウシ

デジタル大辞泉の解説

ふうふ‐ようし〔‐ヤウシ〕【夫婦養子】

夫婦がともに養子となること。また、その者。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふうふようし【夫婦養子】

夫婦ともに養子となること。また、その者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夫婦養子
ふうふようし

夫婦がともに養子になること、またはそのような養子をいう。養子と養女とがのちに婚姻した場合も含まれるが、多くは当初から夫婦を養子とする場合である。従来民法では、夫婦は原則として共同で養子とならなければならないとされていたが、1987年(昭和62)の改正により、夫婦は共同で養子となる場合および夫婦の他方が意思表示できない場合を除いて、夫婦の一方は他方の同意があれば養子となることができる、というように要件がかなり緩和された。養子を未成年者に限る例が多い外国の立法では、あまり例をみない制度である。日本の実態では、夫婦養子がかなりみられ、それも夫婦が、単純に養親、または養親夫婦のそれぞれの養子になる、いわば単純夫婦養子よりも、養子夫婦の一方が、養親夫婦一方の子(実子または養子)である、いわば連れ子(継子)型夫婦養子のほうが多いようである。いずれにしても「跡継ぎ養子」の性格が強く、近代的養子法が企図しているものとはかなり異なる。[山本正憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夫婦養子の言及

【養子】より

… 収養側本位の日本の養子のなかで,とくに著しいのは家筋の存続・継承を目的とする養子であり,とくに,子どもや男の子どもができないときに収養される。その具体的形態としては普通の養子のほかに順養子(弟や妹を養子にする形態),婿養子(女の子どもの婿を養子にする形態),夫婦養子(子どもがいない場合に男女とも夫婦として養子にする形態)などがある。このうちで日本の養子の特徴をよく示すものとして注目されるのは上述にもある婿養子である。…

※「夫婦養子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夫婦養子の関連キーワード縁組み・縁組心中宵庚申富士松魯中矢島 トキ矢島トキ広瀬宰平縁を結ぶ香川景樹両養子遺棄夫婦復縁不縁

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夫婦養子の関連情報