コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥山金陵 おくやま きんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥山金陵 おくやま-きんりょう

1795-1867* 江戸時代後期の医師。
寛政7年生まれ。医術竹中文輔(ぶんぽ),華岡青洲に,儒学を松本愚山,詩文広瀬旭荘(きょくそう)にまなぶ。尊攘(そんじょう)派の藤本鉄石と親交があり,その天誅組(てんちゅうぐみ)挙兵をたすけた。慶応2年12月死去。72歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は家憲。字(あざな)は叔章。通称は中書別号に桃蔭,閑窩。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥山金陵の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)世界のおもなアカデミーイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android