奥手・晩稲(読み)おくて

精選版 日本国語大辞典の解説

おく‐て【奥手・晩稲】

〘名〙
① 植物などの生長、成熟が遅い種類。おく。
(イ) 時節に遅れて花が咲いたり実ったりする草木。→早生(わせ)中手(なかて)
※万葉(8C後)八・一五四八「咲く花もをそろは厭(いと)はし奥手(おくて)なる長き心になほしかずけり」
(ロ) おそく実る稲。おしね。江戸時代は晩稲が一番安定、多収穫品種だったので、最も広く作付けされた。→早稲(わせ)中稲(なかて)。《季・秋》
※古今(905‐914)哀傷「あさ露のおくての山田かりそめにうき世の中を思ひぬるかな〈紀貫之〉」
② 時期が遅れること。手遅れ。
※浮世草子・新色五巻書(1698)三「逢はぬ恋などは、おくて、逢い過ぎて此身になったも其殿ゆゑ」
③ 転じて、人の成長がおそいこと。おく。
※落語・阪東お彦(1898)〈四代目橘家円蔵〉「四十一になって色気着いたとは少し此人は晩稲(オクテ)で御坐います」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android