コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田貞右衛門 おくだ さだえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥田貞右衛門 おくだ-さだえもん

1678-1703 江戸時代前期の武士。
延宝6年生まれ。奥田孫太夫養子播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士赤穂四十七士のひとり。加東郡勘定方,または部屋住みとも。養父,実兄近松勘六とともに討ち入りにくわわった。元禄16年2月4日水野邸で切腹。26歳。名は行高。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥田貞右衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧奥田行高赤穂義士

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android