コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥田頴川 おくだえいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥田頴川
おくだえいせん

[生]宝暦3(1753).京都
[没]文化8(1811).4.28. 京都
江戸時代後期の京都の陶工。名は庸徳,通称茂右衛門,陸方山とも称した。明国の帰化人頴川氏の後裔で,頴川を号とした。家業は代々の質屋であるが,陶技を学び建仁寺内に窯を開いた。作品は中国意匠の赤絵,染付,呉須赤絵が多く,京焼第2の黄金時代を開いた。赤で「頴川」と署名した作品が多く,陸方山の署名はまれである。門人に青木木米仁阿弥道八らがいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

奥田頴川【おくだえいせん】

江戸中期の京都の陶工。京焼中興の祖とされる。名は庸徳。明の渡来人頴川氏の子孫で,奥田家を継いで頴川を称し,陸方山とも号した。建仁寺の南に開窯し,中国意匠の作品が多いが,特に呉須赤絵を得意とした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

奥田頴川の関連キーワード大英博物館高橋孫兵衛吉住小三郎大英博物館銚子醤油フランクリン(Benjamin Franklin)ラランド(Joseph Jérôme Lefrançois de Lalande)日本の民家宝暦治水阿部将翁

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥田頴川の関連情報