コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥脇太郎左衛門 おくわき たろうざえもん

2件 の用語解説(奥脇太郎左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥脇太郎左衛門 おくわき-たろうざえもん

?-1681 江戸時代前期の一揆(いっき)指導者。
甲斐(かい)(山梨県)新倉村でおきた百姓一揆の頭取のひとり。谷村(やむら)藩主秋元喬知(たかとも)のきびしい年貢のとりたてにたえかねて,延宝9年農民代表7名で江戸町奉行に直訴したが,みとめられず同年2月25日処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

奥脇太郎左衛門

没年:天和1.2.25(1681.4.13)
生年:生年不詳
江戸前期の甲斐国(山梨県)新倉村の百姓。延宝8(1680)年から9年にかけて,谷村藩秋元氏の年貢諸役苛酷などを江戸出訴した一揆の頭取のひとり。磔となった秋山村関戸左近に続く者として,他の5人と共に死罪に処された。昭和9(1934)年に富士吉田市大正寺に記念碑が建立されている。

(保坂智)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奥脇太郎左衛門の関連キーワード郡内織乾徳山山梨県民信用組合赤岡重樹伊丹勝政伊藤うた岡本実貞永島元長広瀬周平堀江六之丞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone