コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥重吉 おく しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

奥重吉 おく-しげよし

?-1641 江戸時代前期の砲術家。
安芸(あき)広島藩士。初代藩主浅野長晟(ながあきら)につかえる。町見術,火薬の調合にすぐれ,藩の自由斎流砲術の基礎をきずいた。寛永18年7月23日死去。紀伊(きい)那賀郡(和歌山県)出身。通称は清蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

奥重吉の関連キーワードコリャードコリャード照山修理オランダ風説書ピューリタン革命吉良義央コリャード平戸オランダ商館詩仙堂泉岳寺・泉嶽寺

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone