コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特異 トクイ

デジタル大辞泉の解説

とく‐い【特異】

[名・形動]
特別に他とちがっていること。また、そのさま。「彼はこの会社では特異な存在だ」
特にすぐれていること。また、そのさま。「特異な才能の持ち主」
[派生]とくいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とくい【特異】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
普通と特にことなっている・こと(さま)。 「 -な事件」 「 -な才能を示す」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

特異の関連キーワードペンローズホーキングの特異点定理アフィニティークロマトグラフィー特異的神経エネルギーの法則特異感覚エネルギーの法則特異的エネルギーの法則ファンホーヴェの特異点ウエスタンブロット法特殊感覚勢力の法則シンギュラリティー特殊活力の法則食事誘導熱産生イムノアッセイ富松‐佐藤の解クローン選択説キラーT細胞特異動的作用立体特異性シスタチン裸の特異点免疫化学法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

特異の関連情報