奴道成寺(読み)ヤッコドウジョウジ

  • (通称)
  • 〔長唄, 常磐津〕
  • やっこどうじょうじ やっこダウジャウジ
  • やっこどうじょうじ〔やつこダウジヤウジ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎所作事。常磐津・富本・長唄の掛合い。松本幸次作詞。五世岸沢式佐・四世杵屋三郎助ら作曲。初演名題「道成寺思恋曲者(どうじょうじこいはくせもの)」。文政一二年(一八二九)江戸中村座初演。現行曲はこれに数度の改訂を加えた明治八年(一八七五)東京新富座初演の「道成寺真似三面(どうじょうじまねてみつめん)」。女装した狂言師升六が踊り、見あらわされて三つ面の踊りなどを見せる道成寺物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
補作者
松本幸二(1代)
初演
安永3.5(江戸・中村座)
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
勝武革奴道成礎 など
初演
寛政5.1(大坂・浅尾奥次郎座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android