コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴頭 ヤッコアタマ

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐あたま【奴頭】

江戸時代、2などが結った髪形。月代(さかやき)を広く深くそり込み、両方の鬢(びん)と後ろの頂に残した髪とで髷(まげ)を短く結んだもの。
江戸時代、幼児の髪置きのとき、左右の耳の上と頭の後ろにだけ毛髪を残して他をそったもの。また、その頭髪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やっこあたま【奴頭】

近世、武家の奴などの髪形。月代さかやきを広く深く剃り、両鬢びんと後頭部に残した髪で髷まげを小さく結ったもの。
江戸時代、幼児の髪置きの時、左右の耳の上と後頭部に髪を残し他を剃り落としたもの。また、その髪。 「 -を振りながら母様怖いと泣きゐたり/浄瑠璃・重井筒

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

奴頭の関連キーワード重井筒月代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奴頭の関連情報