コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴頭 ヤッコアタマ

2件 の用語解説(奴頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐あたま【奴頭】

江戸時代、2などが結った髪形。月代(さかやき)を広く深くそり込み、両方の鬢(びん)と後ろの頂に残した髪とで髷(まげ)を短く結んだもの。
江戸時代、幼児の髪置きのとき、左右の耳の上と頭の後ろにだけ毛髪を残して他をそったもの。また、その頭髪。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やっこあたま【奴頭】

近世、武家の奴などの髪形。月代さかやきを広く深く剃り、両鬢びんと後頭部に残した髪で髷まげを小さく結ったもの。
江戸時代、幼児の髪置きの時、左右の耳の上と後頭部に髪を残し他を剃り落としたもの。また、その髪。 「 -を振りながら母様怖いと泣きゐたり/浄瑠璃・重井筒

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone