奴頭(読み)やっこあたま

精選版 日本国語大辞典の解説

やっこ‐あたま【奴頭】

〘名〙
① 江戸時代、多く武家の奴、商家の丁稚(でっち)などが結った髪型。月代(さかやき)を広く深く剃り込み、両鬢(びん)と後の項(うなじ)に残した毛とで髷(まげ)を短く結ぶもの。やっこ。→糸鬢(いとびん)
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「こはいかに坊主頭の小市郎盆に買ふたる踊の鬘、やっこあたまを振りながら母さま怖いと泣きゐたり」
② 江戸時代、幼児の髪置(かみおき)の時、左右の耳の上と頭の後部にだけ毛髪を残して他を剃ったもの。また、その髪型。やっこ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

やっこ‐あたま【奴頭】

江戸時代、2などが結った髪形。月代(さかやき)を広く深くそり込み、両方の鬢(びん)と後ろの頂に残した髪とで髷(まげ)を短く結んだもの。
江戸時代、幼児の髪置きのとき、左右の耳の上と頭の後ろにだけ毛髪を残して他をそったもの。また、その頭髪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android