コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

如是観 にょぜかん

1件 の用語解説(如是観の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

如是観 にょぜかん

?-1832 江戸時代後期の僧,国学者。
出羽(でわ)秋田の真宗大谷派本誓寺の住職。天文・国学にくわしく,京都で講義をした。茶事・楽焼・絵画・蹴鞠(けまり)に長じており,久保田藩主佐竹義和(よしまさ)の歌会にもよばれた。天保(てんぽう)3年11月8日死去。享年七十余歳。越後(えちご)(新潟県)出身。俗姓は笹原。号は三省堂,雲窓など。著作に「和訓考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

如是観の関連キーワード国学者加藤千年川崎重恭康哉名島政方那須高堅堀江宗彰真野可亭三木隆盛和田宗淳

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

如是観の関連情報