コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙音比丘尼 みょうおんびくに

1件 の用語解説(妙音比丘尼の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

妙音比丘尼

生年:生没年不詳
室町時代の遊行の尼。信濃国(長野県)の人。紀伊国(和歌山県)高野山麓の慈尊院政所別当中橋氏の口承によると,妙音は文明10(1478)年巡礼の途中に慈尊院に滞在したが,建物の後ろ側が紀ノ川に接しているのをみて,後世に洪水があれば危険になると考え,替え地として山際の土地を探し,私財を投じて求めて立ち去った。はたして天文9(1540)年紀ノ川が氾濫し,境内地の大半が流されたので,堂塔伽藍,鐘楼を妙音の求めた土地に移したという。<参考文献>『高野春秋編年輯録』,日野西真定「高野山麓刈萱堂の発生と機能」(シリーズ女性と仏教4巻『巫と女神』)

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙音比丘尼の関連キーワード信濃良心信濃路妙音遊行柳意雲市河頼房恵俊小笠原清宗雪巌侑松

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone