コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妲己のお百 だっきのおひゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妲己のお百
だっきのおひゃく

江戸時代の小説,講談歌舞伎などに登場した毒婦妲己は毒婦の代名詞。お百は京都祇園の遊女で,鴻池となってのち幾人もの男を経,やがて秋田藩の奸臣中川采女の妾となって主家佐竹家を倒そうとはかり,露顕すると江戸へ逃亡した。河竹黙阿弥はこれを歌舞伎『善悪両面児手柏 (このてかしわ) 』 (1867) に脚色した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android