コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姜希顔 きょうきがん

2件 の用語解説(姜希顔の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

姜希顔【きょうきがん】

朝鮮,李朝の画家。字は景愚,号は仁斎。慶尚南道晋州の人。儒門に生まれ,中国に遊学して明の絵画を研究。山水,草花,肖像の妙手であったが,特に墨竹が高く評価された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょうきがん【姜希顔 Kang H(■1)i‐an】

1419‐64
朝鮮,李朝初期の代表的士人画家。晋州の人で,字は景愚,号は仁斎。1441年(世宗23),文科に及第し,官は集賢殿直学提,戸曹参議を経て,仁寿府尹に至った。1456年(世祖1)に謝恩副使として北京に行き,明代初期の絵画,ことに当時画壇で優勢の浙派の作品から強い影響を受けたものと考えられる。遺作は稀少であるが,その代表作とされる《高士観水図》(ソウル,国立中央博物館)にはその影響のあとがよく示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone