姫石南花(読み)ヒメシャクナゲ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐しゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。中部地方以北の高山湿地自生。高さ約20センチ。葉は広線形で、裏面は白い。夏、茎の先に壺状の紅色または白色の花を下向きにつける。日光しゃくなげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめしゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。寒地の湿原に群生する。茎は高さ約15センチメートルで、狭披針形の葉を互生。初夏、茎頂に柄を出し、淡紅色、壺つぼ形の小花を下向きにつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姫石南花 (ヒメシャクナゲ)

学名:Andromeda polifolia
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android