姫石南花(読み)ヒメシャクナゲ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐しゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。中部地方以北の高山湿地自生。高さ約20センチ。葉は広線形で、裏面は白い。夏、茎の先に壺状の紅色または白色の花を下向きにつける。日光しゃくなげ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめしゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。寒地の湿原に群生する。茎は高さ約15センチメートルで、狭披針形の葉を互生。初夏、茎頂に柄を出し、淡紅色、壺つぼ形の小花を下向きにつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姫石南花 (ヒメシャクナゲ)

学名:Andromeda polifolia
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひめ‐しゃくなげ【姫石南花】

〘名〙 ツツジ科の常緑小低木。北海道、本州中北部の高山の湿原に生え、庭木や盆栽にもする。高さ一〇~二〇センチメートル。茎の下部は地上をはう。葉は線状長楕円形で縁は外側に巻き、表面は脈が顕者で裏面は白い。初夏、茎頂に先が浅く五裂した壺形花を数個つける。花は淡紅または白色。にっこうしゃくなげ。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android