コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姫石南花 ヒメシャクナゲ

デジタル大辞泉の解説

ひめ‐しゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。中部地方以北の高山湿地自生。高さ約20センチ。葉は広線形で、裏面は白い。夏、茎の先に壺状の紅色または白色の花を下向きにつける。日光しゃくなげ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひめしゃくなげ【姫石南花】

ツツジ科の常緑小低木。寒地の湿原に群生する。茎は高さ約15センチメートルで、狭披針形の葉を互生。初夏、茎頂に柄を出し、淡紅色、壺つぼ形の小花を下向きにつける。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

姫石南花 (ヒメシャクナゲ)

学名:Andromeda polifolia
植物。ツツジ科の常緑小低木,高山植物,園芸植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

姫石南花の関連キーワード披針形初夏寒地互生湿原小花

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android