威烈王(読み)いれつおう(英語表記)Wei-lie-wang; Wei-lieh-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

威烈王
いれつおう
Wei-lie-wang; Wei-lieh-wang

[生]?
[没]威烈王24(前402)
中国,の第 32代の (在位前 425~402) 。名は。父は考王。考王は桓公河南に封じたという (西周桓公) 。社会の変動が大きくなった春秋時代末期に即位,趙の3国に分裂していたのを,王の 23 (前 403) 年に諸侯として正式に認めた。通説ではこのときから始皇帝天下統一 (前 221) までを戦国時代という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いれつ‐おう ヰレツワウ【威烈王】

中国、周の第三二代の王。姓は姫、名は午。孝王の子。紀元前四二六年に即位。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報