コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫁島 よめじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嫁島
よめじま

東京都小笠原諸島聟島列島最南の島。小笠原支庁小笠原村に属する。面積 0.85km2。無人島。第2次世界大戦前は居住者があり,農牧漁業が営まれていた。周囲は岩礁で,オナガミズナギドリ,クロアシアホウドリの繁殖地。小笠原国立公園に属する。2011年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の嫁島の言及

【聟島列島】より

父島列島母島列島とともに小笠原群島とも呼ばれる。聟島,媒(なこうど)島,嫁島と北之島,針之岩など多数の岩塔からなる列島で,総面積は約7km2と3列島中最も狭く,高度も低い。ケーター島とも呼ばれる最大の聟島は最高所が88m,台地状の平たん面をもつ島で,1882年ころから西岸の南浜に数戸が定住し,サトウキビ栽培やヤギ,牛の放牧が行われた。…

※「嫁島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

嫁島の関連キーワードオナガミズナギドリ後東小島居住者西小島岩礁

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

嫁島の関連情報