コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聟島列島 むこじまれっとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聟島列島
むこじまれっとう

東京都小笠原諸島の最北端にある列島。最大の聟島を中心に,北之島媒島(なこうどじま),嫁島など 19の小島が,東西 11km,南北 32kmの海域に分布している。小笠原支庁小笠原村に属する。第2次世界大戦前は若干の農漁民が聟島,嫁島に居住していたが,今日では無人島。第2次世界大戦後はアメリカ合衆国軍の管理下に置かれていたが,1968年復帰。2011年世界遺産の自然遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

むこじま‐れっとう〔‐レツタウ〕【聟島列島】

小笠原諸島北部の列島。聟島のほか、嫁島・(なこうど)島などからなる。平成23年(2011)「小笠原諸島」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

聟島列島【むこじまれっとう】

小笠原群島中の島群。群島最北部に点在,主島の聟島(2.57km2),北之島,媒(なこうど)島,嫁島と小岩礁からなり,第2次大戦前は聟,媒,嫁の3島で常住島民がサトウキビを栽培していたが現在は無住。
→関連項目小笠原諸島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むこじまれっとう【聟島列島】

小笠原諸島最北部の列島。東京都小笠原支庁小笠原村に属する。父島列島母島列島とともに小笠原群島とも呼ばれる。聟島,媒(なこうど)島,嫁島と北之島,針之岩など多数の岩塔からなる列島で,総面積は約7km2と3列島中最も狭く,高度も低い。ケーター島とも呼ばれる最大の聟島は最高所が88m,台地状の平たん面をもつ島で,1882年ころから西岸の南浜に数戸が定住し,サトウキビ栽培やヤギ,牛の放牧が行われた。媒島,嫁島にも居住者がいたが,現在はいずれも無人島である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔東京都〕聟島列島(むこじまれっとう)


小笠原(おがさわら)諸島の最北端にある島嶼(とうしょ)群。総面積6.6km2。聟島を中心に媒(なこうど)島・嫁(よめ)島・北之(きたの)島などの島々や岩礁群からなる。東京都小笠原村に属し、全島無人。別称、パリー群島。聟島・媒島・嫁島では第二次大戦中まで島民が定住、サトウキビ栽培や牧畜が行われた。小笠原国立公園に指定。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

聟島列島の関連キーワードメグロ(目黒)コアホウドリメグロ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聟島列島の関連情報