コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫩桂祐栄 どんけい ゆうえい

1件 の用語解説(嫩桂祐栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嫩桂祐栄 どんけい-ゆうえい

?-1443 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)願成寺の芳庵祖厳(ほうあん-そごん)の法をつぎ,のち元(げん)(中国)にわたる。帰国後,越前中津原(武生(たけふ)市)に隠棲(いんせい)していたが,信徒が寺をたてて開山(かいさん)として招請。その地が中国の少林・熊耳(ゆうじ)ににていたので,山号を熊耳山,寺名を少林寺とした。嘉吉(かきつ)3年11月17日死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

嫩桂祐栄の関連キーワード曹洞円応性瑩魁叟永梅鑑窓永鑑奇叟異珍月田宗種直翁宗廉宗観(1)大成宗林噩叟宗俊

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone