コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫩桂祐栄 どんけい ゆうえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

嫩桂祐栄 どんけい-ゆうえい

?-1443 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越前(えちぜん)(福井県)願成寺の芳庵祖厳(ほうあん-そごん)の法をつぎ,のち元(げん)(中国)にわたる。帰国後,越前中津原(武生(たけふ)市)に隠棲(いんせい)していたが,信徒が寺をたてて開山(かいさん)として招請。その地が中国の少林・熊耳(ゆうじ)ににていたので,山号を熊耳山,寺名を少林寺とした。嘉吉(かきつ)3年11月17日死去。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

嫩桂祐栄の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android