コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの失神 こどものしっしん

家庭医学館の解説

こどものしっしん【子どもの失神】

 なんらかの原因で脳に血液が流れにくくなり、脳が低酸素または無酸素状態になって一時的に意識を失うのが失神です。疲労、空腹、入浴、注射などによる痛みなどの刺激、恐ろしい経験、血を見るなどがきっかけとなり、脳へ流れる血液の量が少なくなっておこります。
 めまい、吐(は)き気(け)、脱力(手足から力が抜ける)とともに手足が冷たくなり、顔色が青くなって、意識が消失して倒れます(いわゆる脳貧血(のうひんけつ))。
 ときに、けいれん尿失禁(にょうしっきん)(おもらし)がみられることもあります。
 不整脈(ふせいみゃく)をおこすような心臓病(アダムス・ストークス症候群(しょうこうぐん)など)でも、同様なことがおこります。
 てんかんの発作でも意識を失って倒れることがあるので、失神をてんかんとまちがえたり、心臓病に気づかなかったりすることがあります。
 最初に失神がおこったときは、小児科医の診察を受け、原因をはっきりさせておくことがたいせつです。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android