コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子どもの胃・十二指腸潰瘍 こどものいじゅうにしちょうかいようInfantile Gastric / Duodenal Ulcer

1件 の用語解説(子どもの胃・十二指腸潰瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

こどものいじゅうにしちょうかいよう【子どもの胃・十二指腸潰瘍 Infantile Gastric / Duodenal Ulcer】

[どんな病気か]
 胃・十二指腸の壁に潰瘍ができる病気です。従来、子どもには少ないとされていましたが、内視鏡検査の進歩によって、子どもたちに見つかる率が上がってきました。ただし、新生児や乳児ではごく少なく、学童以上に多くみられます。
 また、別に重症の疾患をもっていたり、手術を受けた後の子どもにみられたり、副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン薬の副作用としてみられることもあります。年長児では、成人のように、ストレスがかかわっている場合もあります。
[症状]
 胃潰瘍では嘔吐(おうと)や、血液を含んだ胃の内容物を吐(は)く吐血(とけつ)がみられます。十二指腸潰瘍では貧血と、便に血がまじる下血(げけつ)がみられます。
 約半数の子どもが腹痛を訴えますが、空腹時痛はあまりみられません。
[治療]
 胃酸の分泌を抑える薬と食事療法が基本です。多くの人は薬によく反応し、再発も少ないのですが、年長児の十二指腸潰瘍のなかには再発をくり返す例があります。これは病変部にヘリコバクター・ピロリという細菌が感染しているためで、成人と同様の抗生物質治療が有効です。
 出血が続くときは内視鏡を使って止血されますが、場合によっては手術が必要になることがあります。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone