子供の遊び(読み)こどものあそび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子供の遊び
こどものあそび

G.H.ミードによれば子供の遊びは「ごっこ遊び」と「組織的なゲーム遊び」に区別される。前者では,ままごと遊びのように特定場面での個人の役割が単純かつ継続的に行われるが,後者では,野球のように参加者諸個人によるセット化された役割群の認知を前提とした役割の遂行が目指される。子供の遊びはその社会の文化を反映しながら,仲間集団を通じてさまざまな社会化を促進する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こどものあそび【子供の遊び】

《原題、〈フランス〉Jeux d'enfantsビゼーのピアノ連弾のための曲集。全12曲。1871年作曲。このうち5曲が作曲者自身により同名の管弦楽曲版に編曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

子供の遊び

フランスの作曲家ジョルジュ・ビゼーのピアノ曲集(1871)。原題《Jeux d'enfants》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子供の遊びの関連情報