コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮後屈 しきゅうこうくつretroflexion of the uterus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮後屈
しきゅうこうくつ
retroflexion of the uterus

子宮位置異常の一種であるが,現在では合併症のないかぎり病気と考えられていない。子宮体部全体が腟の縦軸に対して後方に傾斜しているだけのものと,子宮体と子宮頸とが鋭角をつくって後方に曲っているものとがある。両者が合併していることが多い。移動性のものは自覚症状のない場合が多く,治療の必要はない。癒着性のものは,月経困難症,腰痛などの症状を示すこともある。しかし,これらは多くの場合,子宮内膜症や付属器炎による2次的なものであり,原因になる疾患の治療が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しきゅう‐こうくつ【子宮後屈】

子宮が正常位置より後方へ反り返っている状態。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しきゅうこうくつ【子宮後屈】

正常な状態では前傾・前屈である子宮が後方に屈曲している状態。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

子宮後屈の関連情報