コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子宮後屈 しきゅうこうくつretroflexion of the uterus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子宮後屈
しきゅうこうくつ
retroflexion of the uterus

子宮位置異常の一種であるが,現在では合併症のないかぎり病気と考えられていない。子宮体部全体が縦軸に対して後方に傾斜しているだけのものと,子宮体と子宮頸とが鋭角をつくって後方に曲っているものとがある。両者が合併していることが多い。移動性のものは自覚症状のない場合が多く,治療の必要はない。癒着性のものは,月経困難症,腰痛などの症状を示すこともある。しかし,これらは多くの場合,子宮内膜症や付属器炎による2次的なものであり,原因になる疾患の治療が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しきゅう‐こうくつ【子宮後屈】

子宮が正常位置より後方へ反り返っている状態

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきゅうこうくつ【子宮後屈】

正常な状態では前傾・前屈である子宮が後方に屈曲している状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

子宮後屈の関連キーワード子宮後傾後屈症(子宮後転症/子宮後屈)子宮後屈症子宮筋腫月経困難受胎調節前傾後屈

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android